長期に低用量ピルを服用すると太りやすい?

低用量ピルは名前の通り、含まれているホルモン剤が最小限に抑えられているピルです。
ピルといえば副作用が強いという、イメージを持っている方も多いでしょう。
ピルが処方され始めた40年ほど前は、ホルモン剤の量が多い高用量ピルが用いられていました。
高用量ピルは服用すると、体内のホルモン作用が急激に変化してしまう為、吐き気などの副作用が強く出ていたのです。
しかし、最近処方されている低用量のものは、ホルモン剤の量が少ないので、ほとんど副作用はありません。
体質によって吐き気や腹痛、頭痛や不正出血といった副作用を起こすケースもあるものの、多くの場合は服用を続ける事で体が慣れ、症状を感じにくくなるので安心しましょう。
低用量ピルは避妊薬としてはもちろん、子宮内膜症や月経不順といった女性特有の病気の治療、そしてホルモンバランスが崩れる事が原因のニキビ治療にも用いられています。
長期にわたり服用する方も、少なくありません。
ただ、長く低用量ピルを服用していると、太りやすいという噂を聞いたことがある方も、いるのではないでしょうか。
実際、服用する事で太りやすくなるのか、気になる所です。
女性の卵巣からは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2種類の女性ホルモンが分泌されます。
低用量ピルにも、これら女性ホルモンと同じ作用をする、ホルモン剤が含まれているので、服用する事で体内の卵胞ホルモン・黄体ホルモンの量を一定にキープします。
実は、この状態は妊娠している時と同じ、ホルモンバランスです。
ですので、妊娠した時と同じように食欲が増してしまう方もいます。
このような事から低用量ピルで、太るというイメージがついたのでしょう。
食欲が増す事もありますが、自分でコントロールできる程度ですし、もし太ったとしても1キロから2キロ程度なので、低用量ピルで太るという心配はありません。

ページトップへ