低用量ピルと年齢と不足について

月経困難症という言葉があるように、女性は生理痛に、とても悩まされている人がかなりの数、おられます。
一方で、生理痛を全く感じない、鎮痛剤などを使ったこともない、このような人もおられます。

低用量ピルは、このような生理痛、月経困難症を治してくれるためのお薬であり、年齢によっては、生理痛、月経困難症のせいで、学校に行くことも困難、会社に行くことも辛い、このような酷い症状を抱えている人も少なくありません。

基本的に、低用量ピルを服用すると、このような辛い生理痛や月経困難症は改善されるとされていますが、それでも、中には、このような低用量ピルが体に合わずに、逆に吐き気や胃の痛みを、ピルによって感じてしまう人がいることもまた、事実となっています。

そのような人がいる一方で、低用量ピルの服用により、辛い生理痛のが軽くなり、日常生活が楽しくなった!とても楽になった!という人も多く存在します。

そもそも、なぜ月経困難症が出てしまうのか、個人差があるのか?については、遺伝的な問題もあるとされていますが、例えば日常生活で、食生活などが悪い場合にも、このような生理痛にはなりやすい、とされています。

または、しっかりと栄養をとっていても、お魚などの栄養素が足りない、不足していると、生理痛が酷くなるケースなどがあるとされており、また同時に、逆にこのようにお魚などをしっかりと食べて、不足している栄養を補うことで、辛い生理痛を治すことが出来たというケースもあります。

このようなアドバイスは、産婦人科の先生や婦人科の先生だけでなく、薬剤師さんが教えてくれることもあり、栄養については、やはり、とても大切なものであり、生理痛を左右するものとなっています。

ページトップへ