低用量ピルの価格相場は?

欧米の先進国では、低用量ピルを服用している人が多いです。ドイツでは、約6割の女性が低用量ピルを服用しています。日本で低用量ピルを服用している人は、2%ほどです。女性がピルを服用することが常識となっている欧米とは違い、日本ではピルの導入が遅かったのです。ピルは、避妊効果が高く、避妊以外の様々な効果も期待できます。日本では、月経前症候群で悩む女性が多いのですが、低用量ピルを服用すると、月経前症候群の様々な辛い症状を緩和する効果が期待できます。低用量ピルは、ホルモンバランスを整えるため、ホルモンバランスの乱れから発生する大人のニキビにも有効です。他にも、精神の安定、卵巣がんや子宮体がんなどのリスクを低下させるなど、様々な効果が期待できます。生理痛も軽くなります。子宮内膜の中には、子宮の収縮を促進させ、痛みを引き起こす物質が含まれています。ピルに含まれているホルモンは、子宮内膜の増殖を抑えることができるので、生理痛が緩和されるのです。ピルを服用すると、慣れるまでは、だるさや吐き気、頭痛を感じることがあります。このような症状は、一時的なものです。普通は、1週間から2週間くらいで症状が改善されます。中には乳房が張る人もいますが、ホルモンが安定すると、不快な症状は消えていきます。低用量ピルは、妊娠していなければ、いつからでも開始することができます。ただ、実際には、月経中に服用を開始する人が多いです。低用量ピルの価格は、1か月分で2000円から3000円くらいです。他に初診料が1000円かかります。価格については、事前に婦人科クリニックに問い合わせて確かめた方が安心です。ピルは、1日1回服用します。服用する時間帯の指定はありませんが、なるべく時間を決めて飲んだ方がいいです。

人気の低用量ピルについて

最近では、婦人科で手軽に処方されるようになった、低用量ピルですが、どういうものなのでしょうか。低用量ピルは、2種類の女性ホルモンを配合した薬で正しく服用すれば、ほぼ100パーセントの避妊ができるというお薬です。なぜ、避妊できるのかというと排卵を抑制するため、受精が成立しないので妊娠しないのです。もし、妊娠が成立したとしても子宮内膜を厚くしないので受精卵が着床されず妊娠しないのです。また、精子が子宮に入りにくくするはたらきをし、受精の可能性を下げるのです。このようなはたらきがあるため、低用量ピルにはほぼ100パーセントの
避妊効果が期待できるのです。その他にも、女性にとっては憂鬱な毎月の月経の不調にも効果を発揮します。月経不順の改善、月経痛の緩和の他、月経量を少なくして月経関連に関する悩みを改善してくれます。ニキビに悩んでいる患者さんにも処方されたり、子宮内膜症の予防に処方せれたりもするお薬です。また、月経が来る日を調節することもできるので、女性アスリートの多くは低用量ピルを利用して試合当日に月経が当たらないように調節しているのです。大事な試験や面接の日、楽しみな旅行の日に月経が重ならないようにも調節できます。そのため、毎月の月経に振り回されずに勉強や仕事に打ち込めるようになったり、月経前や月経中は体調不良になりがちだったのにいつでも元気な良いコンデションをキープできるようにもなるのです。低用量ピルと上手に付き合うことで、避妊効果の他にも月経に悩まされない生活が可能になるのです。ピルは服用をやめれば、3、4か月で妊娠可能な体に戻るのでこれから妊娠を希望している女性も安心して服用できます。恋愛も勉強や仕事も楽しみたいという女性に、オススメのお薬なのです。

避妊以外にある低用量ピルの嬉しい効果

低用量ピルは避妊以外にも嬉しい効果があります。たとえば生理痛や生理不順またニキビがなくなることもあります。毎月生理痛のたびに、お腹が痛くなり痛み止めを飲んでいる女性は少なくありません。生理痛がひどい場合は、痛み止めが効かないこともあります。生理痛は一向におさまらないのに、薬の副作用だけが効いてひどい眠気におそわれることもあるかもしれません。また痛みだけでなく吐き気や頭痛が伴うこともあります。こうしたつらい生理痛も低用量ピルで、かなりの程度軽くすることができます。また別の嬉しい効果は、低用量ピルを飲むことで生理が規則正しく来るようになることです。生理がいつ来るかわからないというのは、とても不安です。そのため毎日生理用品を着けているという人も少なくありません。旅行などのイベントの予定があるときも、生理になったらどうしようと心配になるかもしれません。その点低用量ピルを飲んでいるなら、ほぼ決まった周期でくるため不安になることもなく、予定を立てることができます。さらに低用量ピルを飲むことで、生理時の血液量を抑えることができます。量が多くてもれる心配をする必要がありません。またニキビなどの肌トラブルに悩まされている女性は少なくありません。ニキビには男性ホルモンが関係しているため、いくら気をつけて洗顔したりクリームを塗ったりしても根本的な解決にはなりません。低用量ピルには男性ホルモンを抑える働きがあるため、ホルモンバランスが整いニキビなどにトラブルを体の中から解消することができます。もちろんこうした副効果には個人差があります。低用量ピルを飲む人すべての生理痛が、全くなくなるというわけではありません。それでも低用量ピルには嬉しい効果がたくさんありますので、このような医薬品を利用して生理痛緩和をすると良いでしょう。
●低用量ピルの一番人気
トリキュラー

ページトップへ